ピルで避妊をしたことのない人へ

日本ではまだ普及率が低いピルですが、ほとんどがあまり良く知らないからというのが現状のようです。思わぬ妊娠をした場合に出産出来る状況じゃない場合には女性には想像以上の体への負担があります。そうなってからでは遅い…そこで自分で出来る避妊がピルなのです!

*

『トリキュラー』を病院の処方がなくても個人輸入出来るなら買ってみたい

      2017/07/20

低用量ピルのトリキュラーを使ってみたいけれども病院に行くのが面倒だったり、抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。

そこで処方なくても手に入れることが出来るのであれば、買ってみたいという人は個人輸入をするという手があります。

日本の国内では低用量ピルは処方箋がないと購入をすることが出来ないため、ドラッグストアや薬局などで気軽に購入をすることが出来るものではありませんが、海外から取り寄せる場合に関しては処方箋がなくても購入をすることが出来ます。

手続きは代行してくれるサイトがある

個人輸入と聞くとなんだか難しそうだと思うかもしれませんが、言葉や決済の方法に配送方法が日本と異なる部分があるだけで基本的には仕組みは一緒ですから難しいことはありません。

そのように言っても実際にすべての手続を個人で行うというのは、余程語学に堪能であったり輸入に関する知識がなければ簡単なものではありません。しかし代行サイトを利用すればネット通販と同じ感覚でトリキュラーを購入することが出来るため、何1つ難しいことはありません。代行サイトというのは見た目は普通のネット通販に見えますが、違いとしてはサイトの運営者が直接低用量ピルを販売しているわけではないということです。代行サイトの役割はその名前の通り個人輸入の手続きを代行しているだけなので、サイトの運営者が低用量ピルを販売しているのではなく、販売元に対して客の注文を取り次いでいるだけでしかありません。

間に代行サイトを挟むものの流れとしては個人輸入となっているため、処方箋も不要でトリキュラーが買えるという仕組みになっています。

代行サイトはしっかりと選ぶ

代行サイトというのは無数にあり、サイトによっても価格や信頼性が変わってきますから利用をするときには手数料がリーズナブルか、利用者の人気は高いのかということをチェックして選んでみると良いでしょう。

人気のあるサイトというのはそれだけサービスが充実していて、信頼性があるということの裏返しになりますから、どこを利用すれば良いのかわからないと悩んだときには人気で選んでみるというのもひとつの選び方になります。海外からの取り寄せというのは偽物が紛れ込んでくることもあるだけに、サイトの信用というのは重要なものと鳴ってくるので、他の利用者が安心して利用をすることが出来ているのかどうかという情報は非常に役立つものとなっています。

事前にしっかり情報収集をしておけば、低用量ピルのトリキュラーも安心して個人輸入が出来ます。