EDは男性なら誰にでも起こる病気です!恥ずかしがらずに医師に相談

EDは成人男性なら誰にでも起こる病気です。症状は勃起の機能が低下し性行為を満足におこなうことができません。勃起不全、勃起障害と呼ばれ専門のクリニックで診察を受けられます。恥ずかしい病気ではなく現代病の1つと考ることができます。

*

勃起不全の心因性EDの治療法

   

EDとも呼ばれている勃起不全とは、性行為の時に十分に勃起できないことや、勃起した状態を維持できないことを言います。

このEDは原因によっていくつかの種類に分けられており、その中の一つに心因性EDというものがあります。そして、心因性EDの中でもさらに原因により二つのタイプに分けられ、それぞれのタイプによって治療法が異なって来ます。

日常的なストレスが原因で起こる心因性ED

そのタイプの一つが、現実心因によって生じた心因性EDです。現実心因による心因性EDは、職場の人間関係に問題があるなどの日常的なストレス、性的な能力を馬鹿にされるなど、パートナーの女性から受けた暴言といったように、EDが生じた原因が当人に思い当たる場合が多いという特徴があります。

その治療法としては、EDの治療薬を服用したり、カウンセリングを受けたりすることが効果的だとされています。さらに、原因となっているストレスの解消を図ったり、パートナーの女性との関係を改善したりといったやり方も有効です。

例えば日常的なストレスを解消するために、趣味を作ってそれを楽しむようにしたり、パートナーの女性に協力してもらい、プレッシャーを与えることなく性的な関係を持てるように工夫するといったやり方があります。

トラウマが原因で起こる心因性ED

もう一つのタイプは、トラウマによって生じた心因性EDです。このタイプのEDは、現実心因によるものとは異なり、原因がはっきりしない場合が多いので、治療もまた難しいという問題があります。

例えば幼少期の衝撃的な経験や、親から受けてきた教育上の問題などがトラウマの原因になっていても、そのことが当人には見当が付かない場合が多いので、通常のカウンセリングでは原因が判明しない場合があるのです。

この場合にはED治療薬の服用と共に、トラウマの原因を精神の深い部分から探り出すために、精神科医による心理療法を受けることが効果的です。

例えば精神分析や催眠療法などにより、まずはEDを引き起こしているトラウマの原因を探り出し、その改善を図るという流れになりますが、この治療法は一般的に長い時間がかかります。