EDは男性なら誰にでも起こる病気です!恥ずかしがらずに医師に相談

EDは成人男性なら誰にでも起こる病気です。症状は勃起の機能が低下し性行為を満足におこなうことができません。勃起不全、勃起障害と呼ばれ専門のクリニックで診察を受けられます。恥ずかしい病気ではなく現代病の1つと考ることができます。

*

ED治療は恥ずかしいことではありません

最近はEDに悩む男性は多くいます。EDになるとパートナーや彼女とセックスができないことから、二人の仲が悪くなってしまうこともありますが、その理由を正直に相手に言えずに悩む方もいます。
また、改善するとなると専門クリニックに行かなくてはならず、恥ずかしくて行けないという方もいます。EDは決して恥じることではありません。

ですが、どうしても病院に足が向かない場合は、ED治療薬のバイアグラ、シアリス、レビトラを通販で購入できるので、病院に行かずに自宅で治療する方法もあります。

あせらずに、EDの治療について考えてみてください。

EDは誰でも起こりうる現代病の一つ

まず、なぜセックスができないのかというと、理由は人それぞれです。乱れた生活習慣や食生活から体内のホルモンバランスが乱れて性機能が低下してしまう場合や、栄養の偏りから性機能が上手く働かなくなる場合、ストレスから勃起しなくなってしまう場合など人それぞれです。

特に、今はストレス社会とも言われ、職場でも家庭でもストレスを抱えている方がいます。そのため、このような症状は現代病の一つとも言えるのです。だからこそ、多くの方が同様の悩みを抱えているのです。

そして、食事では普通に食べているようでも亜鉛不足だったりします。亜鉛は性機能を正常に機能させるために必要な栄養素ですが、普段の食事ではなかなか摂ることができません。そのため、性欲が湧きにくくなったり、勃起しにくくなってしまうのです。

しかし、このような症状には理由があるので、それさえしっかりとわかれば治療することができます。そのために専門クリニックで診察してもらう必要があるのです。治療をしたいということはパートナーや恋人とこれからも上手くやっていきたいということです。そのため、恥じる必要はないのです。

恥ずかしがらずに専門医に相談する

しかし、そうは分かっていてもやはりクリニックを訪れるのは人目が気になってしまうという方もいます。そんな方にはED治療薬がおすすめです。専門クリニックで処方してもらえるのもありますし、市販で購入できるものもあります。そして有効成分が配合してあるので、しっかり服用するとED治療薬で改善することができます。

どうしてもクリニックに行けないという方にはこのような治療薬がおすすめです。しかし、薬にも合う合わないがあります。そのため、やはりしっかり治すためには専門クリニックを訪れて、相談しながら薬を服用することをおすすめします。

このように、EDに悩む方は大勢いますが、自分に合った治療をすることでしっかり治すことができます。そのためには、まずは恥ずかしがらずに専門医に相談することをおすすめします。しっかり改善することは自分はもちろん相手のことも大切に想っているということなので、恥じる必要はないのです。

EDは薬で治療が行える

EDは医療機関が提供するアドバイス、または処方する薬などで治療が行えますから、全ての男性に関わるリスクであって、誰でも発症し得る病気の一種だと考えられています。

治療方法は、血管を拡張させる医薬品を中心として、食生活と飲酒に喫煙の見直しや、筋トレに運動といった体質の改善を並行するのが主流です。特に、薬は生活習慣の改善と比べて、効果の発揮や持続時間の作用が強いので、生活の改善が難しい高齢者にも適用されます。
EDの治療は、この薬のお陰で助かっている割合が大きいですから、もはやなくてはならない治療方法だといえるでしょう。

EDの治療は問診受け治療薬を処方してもらう

医療機関では、勃起の状態や持続時間を始め、普段の生活で悩みや不安に該当するような、耐え難いストレスがないかなども確認されます。また、EDは過度な飲酒で悪化したり、他の病気の影響を受けることもあるので、そういった要因が潜んでいるかどうか、これも問診でチェックが行われます。

EDはストレスや加齢に加えて、糖尿病と高脂血症に脂質異常症など、血流を低下させる要素がリスクとなります。更に、運動不足や喫煙も発症原因、あるいは治療の妨げになるので、こういった生活習慣も問診でチェックされる対象です。
医療機関で診療を検討したい時は、泌尿器科が最も適切な選択ですが、内科でも問診を受けたり処方薬を貰える場合が少なくありません。

必要に応じて血圧や脈拍などの状態を調べる

今は病気の認知や理解が進んでいるので、他の診療科を訪ねても案外、内科と同様の対応が受けられるものです。主な治療の流れは、受付でEDの問診を受けたい旨を伝え、実際に医師と対面する段階に入ります。
問診ではカウンセリングと共に、血圧に脈拍と心電図というような、血流と心臓に関わる状態もチェックされます。

理由は簡単で、この病気は血流や血管の状態が症状を左右していること、そして薬の作用が強力な血管拡張をもたらすからです。病気と診断が降りて、服用に問題がないと判断された後は、いよいよ薬が処方される結果に至ります。

今のところ、薬は保険適用の対象ではありませんから、保険証の提示が求められることはなく、実費を支払って入手するのが普通です。

EDの治療の第一選択はED治療薬

治療方法は他にも、海綿体に注射を行うICI治療、擬似的に勃起状態に導く陰圧式勃起補助具、物理的な衝撃で血管の新生を促す選択肢などがあります。ただし、これらは薬が使えない場合の第二、第三の選択肢なので、通常は処方薬を服用する治療方法が第一選択の対象となります。

公開日:
最終更新日:2018/06/19